アルミニウム品質向上のための設備・副資材を総合的に提供しています。

亜鉛及び亜鉛メッキ関連

MZR SYSTEM

亜鉛回収装置のMZRシステムは、亜鉛浴より回収した浮遊灰から、再利用可能な亜鉛を効率的に抽出します。
MZRは、貴社の工場内に設置可能な熱加工処理装置です。このMZRには、天然ガスやプロパンガス等の何れのバーナーでも装着が可能で、極めて容易に稼動させることができ、更に特殊な排ガス許認可を必要としません。MZRにより再生された亜鉛は、貴社の亜鉛浴に直接投入可能です。
MZRで回収される亜鉛量の割合は、浮遊灰に含まれる当初の亜鉛量の85〜90%です。
MZRのドラムに残る粉体状残存物(灰)は売却できます。

MZR 750

MZR システム

MZR750仕様

燃料使用量 天然ガス:約17 m3/cycle
プロパンガス:約8 m3/cycle
最大容量 800kg/cycle
外寸 1,800(w) ×2,300(L)× 2,020(H)
装置重量 970kg (2,134lbs)
消費電力 0.8Kw, 16amp.
サイクル時間 3時間

MZR 1500

自社での亜鉛回収テクノロジー

MZR System (Metaullics Zinc Recovery System : メトーリックス亜鉛回収システム)は、浮遊灰及び浮遊ドロスから遊離亜鉛を分離し、亜鉛及び亜鉛合金を回収することができる高効率の自社亜鉛回収システムで、長年に渡る蓄積された技術が導入されています。

 

大型亜鉛回収装置 MZR 1500 登場

MZR 1500は、自社亜鉛回収システムの最新テクノロジーが導入された大型の亜鉛回収装置です。亜鉛及び亜鉛合金の一次及び二次精製ライン、連続亜鉛メッキライン(CGL)、並びに大型溶融亜鉛メッキラインで大量に生成される浮遊灰や浮遊ドロスの亜鉛回収処理に必要とされる仕様のもと、設計、製作されています。
約1,500kg/サイクルという高い浮遊灰及び浮遊ドロス処理能力を有しており、加熱室壁体には、厚さ100mm以上の高効率断熱材を用い、高い効率のバーナーシステムを熱源として採用しています。 既存の設備MZR 750と同様に操作性がよく、更に浮遊灰又は浮遊ドロスを投入するドラムの装着が極めて容易になりました。

MZR1500_1 → MZR1500_2
MZR1500_2

MZR1500仕様

熱源 赤外線バーナー
天然ガスバーナー
プロパンガスバーナー
最大容量 1,500kg/cycle
外寸 3,560 x 2,270 x 3,430 mm
装置重量 約4,500 kg
駆動部消費電力 3 kw 25 amp
サイクル時間 2.5〜5.5時間
(浮遊灰又は浮遊ドロスの量、種類により異なります。)

 

■ MZRシステム製品案内[PDF]


Get ADOBE READER ※PDFをご覧いただくにはAdobe Readerが必要です。
お持ちでない方は左のボタンをクリックしてダウンロードしてください。

ページのTOPへ

Copyright © Pyrotek Japan Co.,Ltd. All Right Reserved.